ブログ

苦手な人とのつきあい方を変えてみました 

【嫌いな人、苦手な人】

 

嫌いな人、苦手な人はいますか。

誰とでも好き嫌いなく過ごせる人は
人生をとても楽しく過ごせる人でしょう。

この世の悩みのほとんどは
人間関係と言われるくらいなので、
嫌いな人、苦手な人がいる
という人は多いのではないでしょうか。

私にも苦手な人がいます。

でも、苦手だと感じる人とのつきあい方が
昔とはずいぶん変わってきました。

 

【拒絶していた時代】

 

昔はとにかく苦手な人とは
関わりたくなくて、
逃げたり 反発したり
殻に閉じこもったりしていました。

「あの人は敵」認定をしていました。

関わるとこちらの感情は波立つし、
苦しくなるからです。

ただ、拒絶しているものの
なかなか関係は離れず、むしろ
どうしても関わらざるを得なくなってきました。

【自分の首をしめていると気づく】

 

そうしていたとき、ふと、
「拒絶すればするほど、余計に
向こうの感情を刺激しているな」
と気づきました。

相手の感情を刺激するから、
向こうも感情的になってこちらに
関わってくる。

そうしてまた、さらに拒絶。

相手はまたこちらに来る…。

エンドレスどころかどんどん悪化します。

心の反応、反射をもって接していたら
悪循環で自分の首をしめていると思い、
いったん反応するのを止めました。

【反応、反射ではなく、対処してみた】

 

ざわっとはするのですが、
いつもすぐその場を離れたり
何か口走ってしまうのを
いったん止めてみました。

感情を抑えるというよりも、
感情を見て「そうだね、嫌だよね」
と受け止める。

そして
火に油を注ぐ言動をするのではなく、
相手の言うことをいったん聞いた上で
こちらの希望と理由を伝えるようにしました。

すると相手も感情的になることもなく
冷静に話をすることが
出来るようになっていきました。

 

【どうすればすんなり行くのか】

 

感情は誰しも持っていますし、
人間らしいものではあります。

けれど、振り回されて疲れてしまっては
もったいないです。

周りには色んな人がいるので
感情が波立つこともあるでしょうけれど、
反応、反射するよりも
対処したほうが早く事が済みます。

自分の心も穏やかでいられるでしょう。

心が波立つとき、
どうしたらすんなり行くのか
いったん自分と向き合ってみては
いかがでしょうか。

なかなか難しいと感じるときには
サポートします。

ページ上部へ戻る