ブログ

私が「娘」という重荷を外せた方法

【抱えている重荷を下ろせない】

日常を過ごしていると
様々なことが起こります。

中には心に重荷となることも
起こることがあります。

すぐ下ろすことが出来れば問題ないのですが、
いつまで経っても重荷として
抱えざるを得ないこともあります。

例えば私は13年ほど事務員をしていましたが、
貯金も出来ていなかったので
「このままずっと事務員として
働かなければならない」
と思っていました。

未婚のころは、
「実家の家族を私が養わなければならない」
とも思っていました。

他にもいろいろありました。


(重い荷物を背負って人生の山を登る)

【何かと同一視している】

さて、あなたは何者ですか?
と聞かれたら、なんと答えますか?

「名前は○○です」
「職業は会社員です」
「女性です」
「○○の息子です」
「○○の友人です」

など、これまで歩んできた人生に
付随することを答えることが多いです。

でもヨガ的に考えるならば、
「私は○○である」
というのはたいてい、
何かと同一視していることになります。

私の場合だと
「私」と「前川衣里子」という名前と。
「私」と「ヨガインストラクター」という職業と。
「私」と「女性」という性別と。
「私」と「娘」という家族構成と。

「私」と「妻」もそうですね。
↓↓↓

(夫と)

【フィルターを外す】

では、名前、職業、性別、家族構成などの
フィルターとなっているものを外したとき、
「私」は何者なのでしょう。

その答えの前に、経験をお話すると。

1、私が「事務員」という
フィルターを外したとき。

事務所にこもって事務仕事をすることが
苦痛で仕方なかったのに、
事務員を抜けられなくて苦しんでいました。

けれどヨガインストラクターの道もあると
気づいたことでフィルターを外すことが出来、
好きなこと、自由な生き方を
することが出来ました。

2、「娘」というフィルターを外したとき

立場が変わらなくても
フィルターを外すことは出来ます。

「実家の家族を養わなければならない」と
「娘」であることを強く意識していましたが、
「娘」とは言え、親とは別の人間。

客観的に見たとき、
「私が養うしかない」という道以外にも
方法を見出だすことが出来ました。

これは色々な人の
力添えがあってのことでしたが、
「誰かの助けを借りる」ということを
思い付きもしていませんでしたから、
「私」=「娘」=「養う責任」から
解放されました。

「私」は「私」。
「娘」はあとから付随したもの。
「娘」らしく振る舞うことはいいけれど、
苦しむために生まれたのではない。

と分かったことで、
荷物を下ろせました。


(かるーい)

【荷物はいつでも下ろせる】

生きてきた途中に背負ってきた荷物は
いつでも下ろせます。

ただ、「私」と別のものを
同一視していることに気づくだけです。

手段としては、ヨガをするか、
コーチングを受けることが早いです。

何を背負っているのか、
何故背負っているのか、
何故下ろせないと思っているのか。

気づくために受けてみてください。

本当は、みんな気づけるはずなんです。

あなたの心が軽くなりますように。

ページ上部へ戻る