ブログ

この世を卒業するとき、あの世に持っていけるものとは何でしょう

これからの話は、

信じるか 信じないかはお任せします。

様々な考え方、宗教などがありますから

オモシロ物語として

読んでいただいても構いません。

 

 

 

【あの世に持っていけるもの】

 

 

 

 

ヨガや仏教では

「輪廻転生」の考え方があります。

いわゆる「生まれ変わり」説です。

だから「死」は終わりではなく

次に進むための過程となります。

さて、この世から

あの世と呼ばれている所に行くとき、

持っていけるものがあるそうですが、

何だと思いますか?

「徳」と「不徳」です。

この世でやった事柄です。

心から「善い」と思って

行動してきたのか。

それとも

心では分かっているけど、

誤魔化しながら、隠しながら、

「悪い」と知っていながら

行動してきたのか。

そのすべての記録を持っていくそうです。

 

 

 

 

【映画のように観る】

 

 

 

 

そして

その人生で行ってきたことを、

まるで映画やドラマを観るかのように

見せられるのだそうです。

例えば、ネガティブなニュースを

客観的に見ていると

「なぜあんなことをしちゃうのかなぁ」

「あぁ。あんなことしなきゃいいのに」

と、思いませんか。

他人事だとよくわかりますよね。

でも、みんな自分のことは

何かしら言い訳をして「つい」

「不徳」(悪いこと)をしちゃったり

するんです。

だから、人生で行ってきたことを

全部見せられる訳です。

「あれは素晴らしい行いだった」

なのか。

「あんな行いを見せられて恥ずかしい」

なのか。

お天道様はよくご存知なのですね。

 

 

 

 

 

 

【どんな人生を紡ぎたいか】

 

 

 

 

さて、皆さんは自分が主役の

映画が出来るとするならば、

どんな物語にしたいですか。

悪者をバッタバッタと倒す物語?

一国の王として君臨する物語?

慎ましいながらも、幸せいっぱいな物語?

その物語にどれだけ近づいていますか。

この世を卒業するとき、

「自分物語」を観るときに、

どんな物語を見たいですか。

自分らしい物語になるように

人生を紡いでいけるといいですね。

映画やドラマでは、

途中までとても嫌な奴だった人が

ある時から一転して

素晴らしい人になることがあります。

この世の歩み方も同じで、

これまで不徳を積み重ねてきた人でも

これから徳を積むようにすると

ハッピーエンドを迎えられるようです。

今からでも遅くはありません。

ちなみに…。

自分「だけ」が幸せな物語は

「不徳」となることがあります。

そこに愛があるのか?も大事。

この話はまた今度しますね。

私は素晴らしい物語となるように

心がけようと思いました。

あなたはいかがだったでしょうか。

こういう話も含めて

ヨガ哲学の勉強会をします。

【日時】 3月31日(日)18時~19時

【場所】 エニシア静岡 マルイ旧A館 8階

【価格】 1000円(税込)

【持ち物】筆記用具、持っていたらヨガスートラ

【申込、問合せ】

aya.banri@gmail.com

ページ上部へ戻る