ブログ

イライラしちゃうときにオススメ、視座を変える

【もっと気を使ってくれてもいいのに】

 

夫が脱いだものを部屋に脱ぎ散らかしている。

いつも片付けるのは私だ。

イライラ。

あの上司は私に仕事を投げるばかりだ。

こちらだって忙しいのに。

イライラ。

子どもが保育園で怪我をした。

なんでちゃんと見てくれなかったんだろう。

イライラ。

これまでにいろんな人(知らない方も含めて)

から聞いたことのあるお話です。

カフェや電車などで、

話されているのが聞こえることもあります。

それだけ心が疲れている方が

多いのかな、と感じます。

私も昔からイライラしやすくて、

ヨガをするようになってだいぶ

落ち着いてきてはいますが、

それでも心がトゲトゲすることも

まだあります。

 

【視点、視野、視座】

 

イライラしちゃうときにオススメなのが、

視点を変えること。

と、よくお伝えするのですが。

今回は視座のお話を。

最近覚えたての言葉で気に入ったので、

シェアします。

視座とは、

視る「立場」を変えること。

例えば、ヨガスタジオにて。

(あくまで一例です。

みんながこうとは言いません)

≪生徒≫

▪️キレイなスタジオがいい

▪️質のいい先生に教わりたい

▪️会費は負担になりたくない

≪先生≫

▪️レベルアップを心掛けるが、

至らぬところもあると反省する

▪️スタッフさんに優しくしてもらいたい

▪️フィーが上がって欲しい

≪スタッフ≫

▪️掃除は心掛けるが、メルマガなど

業務が煩雑で隅々まで行き届かない

▪️理解ある先生、生徒さんだと嬉しい

▪️給料はたくさんあると嬉しい

≪スタジオ経営者≫

▪️スタッフに隅々まで掃除をしてもらいたい

▪️先生方にレベルアップし続けてもらいたい

▪️会費は運営のために必要だし、

フィーや給料はたくさん渡すとコストになる

このように、様々な立場で

それぞれの思うところがあるわけですが。

一つの立場でしか考えないと

不満はどうしても出ちゃうんです。

でも、別の立場になって考えてみたときに

理解できると

「あぁ、そういう事情もあるのか」

と心がゆるむんです。

(ゆるーん)

 

【くれくれ星人から与える立場へ】

 

 

私たちはより良く生きたい生き物ですから

「これがあれば」

「こうしてくれれば」

と欲しがりがちです。

そして得られないと、

イライラしちゃいます。

でもひと息置いて、

相手の立場や別の立場になってみる。

=視座を変えてみると

心が穏やかになりやすいです。

くれくれ星人から、

「今はやってあげよう」という

『与える人』にもなり得ます。

そんなとき、

魂のレベルが上がるんです。

(私が見ている景色と皆さんの景色が違います)

まずは、視座を変える練習を

してみてはいかがでしょう。

ヨガレッスンでは

視座を変える練習をしていますので、

気になる人はお問い合わせください。

ページ上部へ戻る