ノーベル賞を獲得された先生とヨガの教えの共通点

【内容】
先日ノーベル賞を獲られた本庶先生が

Q、今回の成功に至った理由は何でしょうか

と問われ

A、教科書を信じなかったから

とおっしゃっていました。

「こうするとこういう結果を得られますよ」
という教えに敬意を表しつつも、
「でも本当だろうか」
と検証する。

そのスタンスで研究していたら、
今回の発見に到ったとのこと。

実は、ヨガの教えにもあるんです。

教えをよく聴き、
その教えを材料にして分析し、考えるべし、と。

熟考、マナナといいます。

すべてを鵜呑みにしてしまうと、
間違った認識のもと伝えてしまったり、
そもそもの教えが違っていたりということも
可能性としてはあります。

真実の教えを学びながらも、
体験し、実証したとき、
初めて自分のものとなります。

現代は情報の時代ですから、
様々な教えを得ることが出来るでしょう。

その中の真実のものを獲得するためにも、
熟考=マナナしてみてください。

このようなヨガ哲学を使って
過ごしやすくするために
こういうメニューもあります。

ヨガ哲学を用いての生き方コンサルティングhttps://ameblo.jp/ayabanri/entry-12413670465.html

関連記事

  1. 「やりたいのにやれない」現状から、やってみるに変えるために

  2. この世を卒業するとき、あの世に持っていけるものとは何でしょう…

  3. 年末年始に乱れたリズムを取り戻す方法

  4. 情緒を安定させるローズ&ゼラニウム

  5. 女性ホルモン効果、美肌効果もある豆腐

  6. 日月倶楽部にてヨガレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP