生き方を後悔せず充実させていくために

食べたいものを食べた。
けど、食べ過ぎて後悔した。

早起きしようと思った。
けど、布団が気持ち良すぎて起きれず後悔した。

運動しに行こうと思った。
けど仕事で疲れすぎて行けず、
行けなかった自分を責めた。

やりたかったことをやれず後悔したり
やめようと思ったことをやめられず後悔する。

私はそんなことが続いていました。

けれどふと
「私は後悔するために生まれてきたのか?」
と思い、
「せっかくのこの一生は、充実していたい」
と思うようになりました。

後悔の前=その行為自体、
その時の自分にとって最善だったから
選んだんですから。

その瞬間のことは、
「よかったね」って思うようにしました。

そのうえで食べ過ぎの苦しさ、
ダラダラ寝ちゃうとダルい感覚、
運動しないと痛みの出る身体。

それらの不快感は反省として次回に活かす。

ちょっとの我慢は必要だけど、
そのちょっとの我慢で得られる心地よさを
身体に覚えさせていく。

出来ないときもあるから、
その時はいちいち後悔してへこまずに
「よしその時は最善だった」と認める。

そうして少しずつやりたいこと、やめたいことを
自分の理想の方向に持っていくんです。

一気に変えられない人は
歩みは遅くとも、
ちょっとずつ変化させればいいんです。

そのために、まずはなにごとも後悔しないこと。

後悔が悪いのではなく、
へこんで先に進めないなら認めていくほうが、
心の変化が早まりやすいです。

その時の自分に「よかったね」と言って
充実した人生にしましょう。

関連記事

  1. 心の底から人に伝えられるとき 本当に理解したということ

  2. 手先足先が冷えて眠れない人に

  3. 生きてていいんだ!に気づけたキッカケとは!?

  4. 何があってもやりきるために必要なもの

  5. 新たな年をすっきりと迎えるために

  6. 人が輝くのはこういう時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP