理想を追い求めて自分に厳しくしていませんか?

ふだん、自分に対して
どんな風に接しているでしょうか。

【ほとんどの人は肌の触り方が強い】

サロンでスキンケアレッスンを
しているのですが、
クレンジングや洗顔をしてもらうと
ほとんどの人は強い力でこすります。

でもご本人は強いつもりはないんです。

ただ、客観的に見たときに
肌が動いてしまうのです。

↑こんな風に、よれてしまいます。

こうしてグリグリ動かしてクレンジングや
洗顔をしてしまうと、
肌を疲れさせ、シワやたるみの原因と
なりかねません。

クレンジングの時も洗顔の時も、
なでるくらいで丁度いいのです。

【ヨガをするときも厳しくしてませんか】

アーサナを取るときも
例えば前屈で前に倒れられないからと
グイグイ引っ張ったり
身体で勢いをつけたりしていませんか。

無理矢理に理想の形を取ろうとすると
腰や腿の裏側を傷めかねません。

出来るだけゆっくり、
身体の伸びを味わいながら伸ばすのが
理想的なアーサナの取り方です。

【日常の過ごし方】

ふだん、ご自身は自分に対して
どんな風に接していますか?

理想を追い求めて厳しくしていませんか。

そして、そんな自分に疲れてはいませんか。

もっと優しく接していいのです。

大切にすることで
心に余裕が生まれます。

心に余裕が出来ると
肌も輝きますし、身体も生き生きとしてきます。

がんばりすぎず、
自分を大切にしてくださいね。

関連記事

  1. 目標のその先を大切に

  2. 心への処方箋

  3. 対人関係に悩む人におすすめな考え方

  4. 大変な状況の中で前に進むために、起こすべき行動とは

  5. 「それ変だよ」は褒め言葉 

  6. 自信のつけ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP