自分嫌いだったのに、「今の自分でよかった」と変わった方法

【こんな自分ではダメだ】

 

 

 

自分のことは好きですか。
認められていますか。

あなたはどういう人ですか。
あなたらしさとはどういうことを
指しますか。

私は昔、自分を嫌いでした。

顔が悪いと思っていたし、
性格もネクラだったし、
友達とも深く付き合えないと
思っていました。

「私らしさ」なんて分からなかったし、
「私はいらない人」とも思っていました。

 

 

 

【自らの人生によって私らしくいられる】

 

 

 

ところが今は
私が私でよかったなぁと
思えています。

▪️小学校時代までの女王様の私も
▪️中学高校時代、人の顔色を伺っていた私も
▪️社会人になってうつになった私も

その時代を経てきてよかったなぁと
思うのです。

震災に遭ったことさえも。

すべて、その経験をもう一度したいとは
思いませんが、
そう思わない辛さを
乗り越えてこれたことが
私を「私」たらしめているからです。

今の私があるのは、
そんな過去の私がいたからです。

そこを否定して、
今の私はありえないのです。

(のほほーん)

 

 

 

 

【過去を受け入れ輝く自分に】

 

 

 

 

さて、なぜダメと思っていた自分から
一転、よかったと思えたのかと言うと。

自分とトコトン向き合ったからです。

▪️自分は何が好きで、何を好きではないのか
▪️自分は何を許せて、何を許せないのか
▪️自分は何をしたくて、何をしたくないのか
etc…

そしてそれは、
「ナゼ」なのか。

この「ナゼ」に、ほとんど
【過去の経験】が詰まっていました。

だから、今の私が「私」としているのは
過去の経験がないと
あり得なかったのです。

もし、今の自分が好きであれば
それはどんなにひどい時代が
あったとしても
その過去があったからです。

もし、今の自分が嫌いであれば
過去の経験がそうさせているのだから
これからの経験で変えていけます。

ヨガや話を聞いてもらうなどして
トコトン自分と向き合ってみて
自分を受け入れられるように
なってみてはいかがでしょう。

あなたの今やこれからが
楽しくなりますよう応援しています。。

向き合うためのヨガやカウンセリングは
お問い合わせください。

関連記事

  1. 人を笑顔にできる人でありたい

  2. 最初の一歩が不安…でも大丈夫!

  3. 自分が分かると気持ちが楽になる

  4. ストレスを解放してくれる香り

  5. 肉類よりも良質なタンパク質をもつまぐろ

  6. 私が「娘」という重荷を外せた方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP