Blogブログ

「やりたいのにやれない」現状から、やってみるに変えるために

人の話を聞いていると多いのは、
本当は心に決めていることがあるのに
出来ない、出来ていないということ。

何かとやれない理由を連ねて
やれる方法を考えないんです。

でも、それは脳の当たり前の
機能なのだそうです。

今までと違ったことをやろうとすると
脳はストレスがかかるとか。

そのストレスを避けようと
出来ない理由をあげ連ねるんですね。

そうは言っても、
現状を変えたい、打破したい
という方はいらっしゃいます。

では、どうしたら
現状を変えられるのでしょうか。

【思い込みを外す】

出来ない理由が出てくるときは、
その理由に囚われてしまい
他が見えなくなる傾向にあります。

ある点しか見ていないと
やれない理由ばかり浮かぶんですね。

ところが、違う見方が出来ると
あれ?やれるじゃん
と思えたりすることがあります。

そういう取っ掛かりが見えると
あれよあれよと
進められてしまったりします。

1、例えば
「子供は母親が見るものだ」
という思い込みで
「出掛けられない」
と思っていた。

「夫に任せるという選択がある」
ということに気づいたら
任せることが出来、
出掛けることが出来た、とか。

2、例えば
「自分は運動音痴だ」
と思い込みで運動を避けていた。

けれど
「自分のペースで自分の出来ることを
 練習していたらやれることが増えた」
と言って、その道の
インストラクターになった方とか。

これらは本当にあった話です。


アシカショーのプロ!

【思考を変える】

難しいと思っていたのに
実は簡単だと気づけるだけで
最初の一歩がどんなに軽くなることか。

最初の一歩さえ踏み出せれば
先に進むのはそんなに
難しくはないのですね。

どこに進むのかが
ハッキリしてさえいれば
そこへ向かって進むのみです。

まずは自分にストップをかけている
「思い込み」に気づくこと。

そして「やれない理由」ではなく
「どうしたらやれるのか」
を見つけること。

その二つは
もちろん自分で見つけられるのですが、
「やれるやれる」
と思っていながら
出来ていない方の場合は
一人では見つける術がない、
ということかもしれません。

そこで、
カードコーチングをしてみると
思いもよらない方向から
質問が飛んでくるので
思考が一気に変わります。

今まで考えたことのない
ようなことにも意識が向くので
「なぜそこに思い至らなかったのか」
と思うこともあります。

思い込みを外す取っ掛かりを
見つけるには最適なツールなんです。

現状を変えたい、
打破したい、
と思われているならば、
一度受けてみてください。

現在モニター価格にて
提供しています。

お問い合わせください。

関連記事