対人関係に悩む人におすすめな考え方

人と関わるのは好きですか?

私は昔は苦手でした。

気の合う友達はまだいいですが、

特に仲良くもない人たちと関わるのは

どう話したらいいのかも分からず

戸惑うばかりでした。

 

今は、多少なりとも

人と関わる機会が増えたことで

「人との繋がりって

こんなにも大切なのか」

と実感するばかりです。

 

対人関係にまったく問題はないのか

というと、そんなこともないのですが。

 

悩みますし、日々精進だとも

思います。

 

けれど、

大変なぶん、幸福なことも多くて、

だから人と繋がるということは

今後も増えていくのだろうとも

思っています。

 

いま、対人関係に

悩んでいらっしゃるならば

こんな考え方はいかがでしょうか?

 

 

【映し出す】

 

人は鏡である

という考え方があります。

 

人は、自分の何かしらを

映し出している…といいます。

 

その映し出されているものが

好きなものであれば

「その人のことを好き」と判断し、

 

嫌いなものであれば

「その人のことが嫌い」と判断する、

ということです。

 

ということは

自分にとって自分の好きなところ

=自分が長所と思っているところ

を、人が体現していれば

「好き」。

 

自分にとって自分の嫌いなところ

=自分が短所と思っているところ

を、人が体現していれば

「嫌い」

ということです。

 

例えば、

自分は真面目である。

けれど真面目は短所である。

とは言え奔放にはなれない。

それもみっともないから。

 

と思っている場合、
カタブツな人をみるとイヤになったり。

 

奔放な人をみてもイヤになったりします。

 

 

【この世に来ている理由】

 

私たちが人と関わるのは
どうしたって避けられません。

 

某人気番組の
山の中の一軒家の人たちでさえ
どこかで誰かの育てた食料は買うし、
誰かに補助をしてもらっていたりします。

 

私たちは人と関わらずには
おれないのです。

 

それこそが
私たちがこの世に来ている理由
という考え方があります。

 

人と関わるなかで
魂を成長させていく。

 

理不尽があっても、
嫌な人がいても、
それによって私たちが成長する。

 

そのために生きているのだと。

 

対人関係に悩む場合、
ものすごく考えませんか。

 

時に疲れてしまうほどに。

 

そういうとき、
私たちは成長しているんです。

 

もちろん、人の助けを借りる
という手も使って大丈夫。

 

借りる側、借りられる側双方が
一緒に成長できる機会でもあります。

 

もし、一人で悩んでいるならば、
成長の機会だと思って
信頼できる人に話してみては
いかがでしょうか?

 

もちろん一人で解決しても良しです。

 

でも行き詰まっていたら、
「迷惑かけちゃうかも」
と思っていたら、
相手も成長の機会だと思って
助けを求めてみて欲しいです。

 

カードコーチングでは
あなたの内面を掘り下げます。

 

何を好きで、何を嫌いで、
何を考えてて、どんなクセがあるのか。

 

気づいていないところに
気づくことも多いです。

 

ぜひ、対人関係の悩みの
助けにしてみてくださいね。

 

現在モニター価格でおこなっています。

 

お問い合わせください。

関連記事

  1. 新たな年をすっきりと迎えるために

  2. 不安が渦巻く今、私たちが出来ること

  3. なんでも人のせいにしてきたけど、しないで済んできた理由

  4. 何があってもやりきるために必要なもの

  5. 目の見える人と見えない人の立体の捉え方の違い

  6. コロナで何もできないと思うからこそ、やっていくといいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP