Blogブログ

全身強化に役立つチャトランガ・ダンダ・アーサナ

ヨガを経験したことのある方なら、太陽礼拝でこのポーズを体験したことがあるのではないでしょうか?

そして、ヨガを続けている方の中で、このアーサナが好きな方はどれだけいるんだろう?
って疑問になるほど、良く出てくる割に 地味で難易度が高いアーサナですね。

太陽礼拝はたいていのクラスでおこないますが、チャトランガで効果的に身体を使えている人は割合として半分もいるのかな?と思います。

そのくらい、軸を保つのが難しいんです。

流派によって、多少やり方は異なりますが、使いたい筋肉はだいたい同じです。

・上腕三頭筋(二の腕の後ろ)
・前鋸筋(脇腹の脇の下に近いところ)
・横隔膜(みぞおちのところ)
・腹横筋(下腹をコルセットのように巻いている筋肉)
・骨盤底筋群(会陰のあたり)
・内転筋群(内もも)

他もいろいろあるんですが、ここ意識するといいよ、という場所はこんな👆感じです。

とは言え、どない意識したらええのんや?
と思うので、慣れるまでは膝をついて始めます。

四つ這いから
・脇の下くすぐられたら脇の下閉じますよね(くすぐったくない人は分からないのかな…)
その感覚で脇を閉じます

・ネコのポーズを行うように、背中を空側に丸めます
(目線は30センチくらい前)

・トイレを我慢するように会陰or肛門を閉じます

・体重を前にかけるようにして、肘を少しずつ曲げます

女性は特に、途中から背中が反れてきます。
肩甲骨が寄ってしまう方もいます。
出来るだけ猫背のままでチャレンジしてみてください。

プルプルしてきますよ。

また、手首を守りたいので
指先をパーにして、床をわしづかみたいです。

浮かないけれど
「手首を浮かせたろか」
っていうくらい、手首が曲がるのを防げると、体勢を保ちやすいです。
(ネコパーンチ🖐)

呼吸が出来るところ、かつ、筋肉が燃えるように働く場所まで肘をまげたら、膝を浮かせます。

身体を一直線に保ちます。

ほらほら、腰が反れていますよ。
肩甲骨が寄ってますよ。
板のように身体を真っ直ぐにしましょう。

チャトランガが安定すると、全身が強くなりやすいです。
腹筋群が働きますし、体幹が安定します。
結果的に日常の
立つ、歩く、走る、作業する…が楽になりやすいんです。

ジミ〜に大変ですが、ぜひ快適に保てるくらいになってみてください。

次回は解説動画も上げますね。

関連記事