女性に嬉しい∞ホルモンバランスを整えてくれるイチジク∞

 

イチジクは好き嫌いの分かれやすい果物ですが、とても栄養価の高い果物です。

特に女性にはおすすめなのです。
生理痛の重い人
更年期障害が気になる人
は、特に食べるといいですよ。

いちじくには
・ビタミンB群カリウム
・カルシウム
・鉄分
・亜鉛などのミネラル分
がバランスよく含まれています。

他にも
・アントシアニン
・フィシン
・植物性エストロゲン(←これこれ!)
なども含まれています。

それぞれのご説明は、こちら。

■ペクチン(食物繊維)
いちじくに含まれる水溶性食物繊維ペクチンは、善玉菌のエサになり乳酸菌を増やし、腸の働きを活発にする
腸内環境を整え、便秘や下痢を改善して血糖値やコレステロールを下げる効果が期待できる

■カリウム
カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する働きがある
塩分の摂りすぎやむくみを解消し、血圧を下げる効果が期待できる

■アントシアニン
いちじくの果皮や果肉の赤い部分には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれている
目の毛細血管を強化し、眼精疲労や視力を改善する効果が期待できる
また、強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除いて肌や粘膜の老化を防ぐ効果があると言われている

■フィシン
いちじくの乳白色の液体には、フィシンというたんぱく質分解酵素が含まれている
肉や魚のたんぱく質を分解して消化を促進させることで、胃もたれや二日酔いを防ぐ効果が期待できる

☆☆ 植物性エストロゲン ☆☆
いちじくの種子の部分には、植物性エストロゲンが含まれている
植物性エストロゲンは乱れたホルモンバランスを整え、女性特有の症状である生理痛や更年期障害など緩和する効果が期待できる
いちじくが「女性の健康に役立つ果物」と呼ばれている理由は、この働きによるもの

※「女性らしくあるためのホルモン」がエストロゲンだからです

いちじくに含まれる栄養素を無駄なく摂取するために、気をつけるべきポイント

◾️加熱せずに生で
フィシンは熱に弱く、加熱することでその効果が失われてしまう
いちじくは生で食べることで、消化促進や二日酔い防止の効果が期待できる

◾️加熱する場合は皮ごと
果皮には、アントシアニンが含まれている
加熱調理する場合は、皮ごとやわらかく煮ることでその栄養素を無駄なく摂取することができる

◾️煮汁にも栄養素がたっぷり
ペクチンやカリウムは、水に溶けやすい性質
いちじくのコンポートや甘露煮は煮汁にもその栄養素が含まれているので、余すことなくいただきましょう

女性特有の悩みから解放されるために、まずは食べ物から変えてみませんか?

関連記事

  1. 「わがまま」と「あるがまま」の違い

  2. なぜ自分は or あの人はこういう考え方をするのか

  3. 人の言うことを聞きすぎちゃう人、他人に言うことを聞かせたい人…

  4. 本心とタテマエのギャップに苦しんだ過去

  5. ふだん考えていることが運命に繋がっているのだとしたら 

  6. 日常の試練を乗り越えるために必要なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP