寡黙に心を受け止めてくれるベチバー

 

土の香りは好きですか。

アロマになると好き嫌いが分かれることがありますが、濃度さえ間違わなければ、かなり落ち着き、好きな人が多い香りではないかと思います。

それが、ベチバー。

スモーキーで、濃く深く。

少し懐かしささえ感じる香り。

例えるならば、どっしりと構えてたたずむ寡黙な男性のイメージ。

多くを語らず、こちらの感情を受け止めてくれる大らかさを感じます。

こんなお父さんがいたらいいなぁ、という感じ。

成分は、もうベチバーの成分でしかありませんよね、というようなネーミングばかり。

・ベチべロール
・αーベチボン
・βーベチボン
・ベチベレン

鎮痛作用、強壮刺激作用、鎮痛作用、消毒作用、殺菌作用。

妊娠中は使えませんが、心が疲れている特に今年は、感情を落ち着かせてくれるのでおすすめです。

消毒・殺菌作用もあるのでちょうどいいですしね。

この冬に、柑橘系と合わせて焚いてみてはいかがでしょうか。

スタジオでは最近焚いています。

アロマの香りを試しに嗅いでみたい、という方はテスターもあるのでお越しくださいね。

関連記事

  1. 2020年4月17㈮の心の持ち方

  2. 嗅ぐだけで痩せる効果があると言われるアロマ

  3. 宿命は果たすべき使命だが、運命は日頃の行いで変えられる

  4. どんな過去でも生きてくる人生設計の立て方

  5. スピリチュアルの力をお伝えする個人的理由

  6. 人間関係に悩んでいたら挑戦してみて欲しいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP