タロット解説【15 鬼(悪魔)のカード】

(日本神話タロット作者 ヤマモトナオキ
ホームページ
https://yamamoto-naoki.com/

タロットカードを使った占いでは、インスピレーションを重視するために全てのカードの意味を完全に暗記する必要はありませんが、78枚のカードには基本的な意味があります。
各カードの意味はタロットカードの種類によって若干異なりますが、私はウェイト版ベースの日本神話タロットカードを使用しているため、ここではウェイト版の大アルカナ22枚の意味を紹介します。

【15 鬼(悪魔)のカード】

<正位置>
心の葛藤の末、「悪魔」に軍配が上がっています。
あらゆる誘惑に抗えず、飲み込まれていくことを暗示しています。
理性が聞かなくなれば「もっともっと」と欲求はとどまることを知らず、さらなる強い執着を生んでしまいます。
日本神話ではヒノカグツチのカード。火は人が得た最大の文明の利器で、うまく扱えば良いものだが、一方使い道を間違えると自らを焼く諸刃の剣だと言うことを神格化しています。

裏切り、束縛、堕落、誘惑、憎悪、嫉妬

<逆位置>
心の中に救う「悪魔」と戦う姿勢が生まれ、自らの欲求をコントロールしようと試みます。
抜け出せないと思っていた快楽的関係を立ち切ったり、生活全般を規則正しく改善したりします。
ただそれは簡単なことではなく、またすぐに欲望のとりことなってしまうことも多いので、注意が必要です。

回復、覚醒、新たな出会い、生真面目、リセット

占いをご希望の方はこちらからお問い合わせください。
https://eriko-maekawa.com/contact/

関連記事

  1. タロット解説【8 剛毅(力)のカード】

  2. 小アルカナ解説【棒の拾(ワンド10)のカード】

  3. タロット解説【11 正義のカード】

  4. 小アルカナ解説【棒の士(ワンドのナイト)のカード】

  5. 棒の捌(ワンド8)のカード

  6. 【タロットで占えることはどんなこと?】〜気をつけたほうが良い…

PAGE TOP