タロット解説【20 審判のカード】

(日本神話タロット作者 ヤマモトナオキ
ホームページ
https://yamamoto-naoki.com/

タロットカードを使った占いでは、インスピレーションを重視するために全てのカードの意味を完全に暗記する必要はありませんが、78枚のカードには基本的な意味があります。
各カードの意味はタロットカードの種類によって若干異なりますが、私はウェイト版ベースの日本神話タロットカードを使用しているため、ここではウェイト版の大アルカナ22枚の意味を紹介します。

【20 審判のカード】

<正位置>
しっかりそのチャンスを掴み取れる事を表します。
ずっと大事にしまっていたもの、アイディア、思いを解放し、表に出す時です。
それは過去に「もう終わったこと」と思っていたものかもしれません。
その復活が人生のターニングポイントとなる可能性もあるでしょう。

復活、再生、復元、決断、改善、覚醒、救済

<逆位置>
せっかくのチャンスを逃してしまうことが暗示されています。
ここぞと言う場面で勇気を出せなかったり、迷っているうちにタイミングを逃してしまうのかも。
結果、蘇らせたかった思いや計画、人との関係は、再び封印されてしまったり、しばらくお預けになってしまう場合もあります。

挫折、離別、再起不能、停滞、悲しい別れ

※神武天皇が東の遠征で窮地に陥った時に、アマテラスより使わされた八咫烏が神武天皇を成功に導いたカードと、
豊穣の神であるウカミタマが笛を吹き狐たちを呼び起こし、世界各地に豊穣を届けるために指示を出しているカード。

占いをご希望の方はこちらからお問い合わせください。
https://eriko-maekawa.com/contact/

関連記事

  1. タロット解説【21 天地開墾(世界)のカード】

  2. タロット解説【8 剛毅(力)のカード】

  3. 小アルカナ解説【棒の玖(ワンド9)のカード】

  4. 小アルカナ解説【棒の王(ワンドのキング)のカード】

  5. 小アルカナ解説【棒の弐(ワンド2)のカード】

  6. 小アルカナ解説【棒の拾(ワンド10)のカード】

PAGE TOP