小アルカナ解説【棒の壱(ワンド1)のカード】

(日本神話タロット作者 ヤマモトナオキ
ホームページ
https://yamamoto-naoki.com/

タロットカードを使った占いでは、インスピレーションを重視するために全てのカードの意味を完全に暗記する必要はありませんが、78枚のカードには基本的な意味があります。
各カードの意味はタロットカードの種類によって若干異なりますが、私はウェイト版ベースの日本神話タロットカードを使用しているため、大アルカナに引き続きここではウェイト版の小アルカナの意味を紹介します。

🔥日本神話タロットでの棒のカードはスサノオの物語。幼き頃のスサノオは自身の感情に飲まれ悪童でしたが、高天原を追放されたことをきっかけに、次第に成長し、英雄と呼ばれるようになります。

【棒の壱(ワンド1)のカード】

<正位置>
力が高まっている状態。
新しい目標が生まれたり、自分を成長させるために、一歩踏み出そうとしていることを表します。

新たな始まり、計画、誕生、大胆

<逆位置>
意欲が低下。物事が終わりを迎えつつあることを暗示。
逆に力が暴走していることを表す場合もあります。

自分本位、出遅れ、不信感、計画の失敗

占いをご希望の方はこちらからお問い合わせください。
https://eriko-maekawa.com/contact/

関連記事

  1. タロット解説【20 審判のカード】

  2. タロットって何?占いの基本

  3. 小アルカナ解説【棒の陸(ワンド6)のカード】

  4. タロット解説【6 恋人のカード】

  5. タロット解説【18 月のカード】

  6. タロット解説【21 天地開墾(世界)のカード】

PAGE TOP