小アルカナ解説【棒の肆(ワンド4)のカード】

(日本神話タロット作者 ヤマモトナオキ
ホームページ
https://yamamoto-naoki.com/

タロットカードを使った占いでは、インスピレーションを重視するために全てのカードの意味を完全に暗記する必要はありませんが、78枚のカードには基本的な意味があります。
各カードの意味はタロットカードの種類によって若干異なりますが、私はウェイト版ベースの日本神話タロットカードを使用しているため、大アルカナに引き続きここではウェイト版の小アルカナの意味を紹介します。

🔥日本神話タロットでの棒のカードはスサノオの物語。幼き頃のスサノオは自身の感情に飲まれ悪童でしたが、高天原を追放されたことをきっかけに、次第に成長し、英雄と呼ばれるようになります。

【棒の肆(ワンド4)のカード】

<正位置>
しがらみから解き放たれる暗示です。
やすらぎと自由を得て「本当に求めていたのはこれだった」と実感するでしょう。

安堵、安心、繁栄、歓喜、祝祭、パートナーを得る

<逆位置>
新たなものを手にするのは諦め、今の環境に喜びを見出すことにしています。
物事に受け身になっている状態を示す場合もあります。

不安定、落ち着かない、不十分な幸福

※どちらもアマテラスが天岩戸から出てきた場面。アマテラスを抱き抱えているタヂカラオのカードと、アマテラスに八咫鏡を掲げているアメノウズメのカードです。

占いをご希望の方はこちらからお問い合わせください。
https://eriko-maekawa.com/contact/

関連記事

  1. タロット解説【0 愚者のカード】

  2. タロット解説【5 法皇(司祭)のカード】

  3. 小アルカナ解説【棒の女王(ワンドのクイーン)のカード】

  4. 小アルカナ解説【棒の拾(ワンド10)のカード】

  5. タロット解説【13死(死神)のカード】

  6. タロットって何?占いの基本

PAGE TOP