Blogブログ

いるはずのないところに顔があると思ったら…

小さいころ、親に叱られて部屋に
閉じ込められたことがあります。

(ふすまだからホントは出られるんですが、
また叱られるから出られないというジレンマ)

その部屋は豆球しか点いていなくて
薄暗かったんです。

そこにぼや~っと現れた、顔…「ひえぇ」。

そりゃあもう恐くて恐くて泣きそうでした。

でも許してもらい、電気をつけたら
なんてことはなく、
木製タンスの木目でした(´▽`)

なぜか顔のように見えちゃったんですよね。

そんな経験はありませんか?

蛇かと思ったらロープだったとか。
(↑ヨガの本にも出てくるお話)

人のすすり泣く声だと思ったら
窓のすきま風だったとか。

ついつい、恐いものに感じちゃうんですよね。

でも、正体を知ればへっちゃらです。

実は世の中の不安だとか心配事は
「見えない」または
「見えにくい」から起きていることが
多いです。

仕組みを知ったり、
内容を知れば、大丈夫なことも多いです。

大切なのは、自分で調べること。

「人がこう言っていたから」と思っても
確認してみるといいです。

一方の意見だけでは、
わからないこともありますから。

ヨガの教えでもあります。

「熟慮すること」。

五感と直感(第六感)と判断力をフル活用して
安全であることを知り、
安心を得てください。

意外と大丈夫なことが多いんですよ。

関連記事