Blogブログ

急いでいるのに邪魔が入る!と思うときに


【師走は焦る時期】


毎年のことではありますが、
12月は忙しくありませんか。

やることもいっぱい。

周りの人たちもなんだか急ぎ足。

時間がない!と焦る心。

今はこれやって、次にあれやって、
今日中にはこれも終わらせなきゃ。
と追われて、余裕がなくなりがちです。

今日の私がまさにそれでした。

いつものスケジュールの合間に
今日中に買わなきゃいけないものが出来たり
もろもろイレギュラーが増えて、
分刻みで動いていました。


【急いでいるときに限って進めない】


そうしたら色んな場面で
「ちょっとストップ」
と止められるようなことが
立て続けに起きました。

朝は渋滞でいつもより時間がかかり。

さらにバスの両替に時間のかかる人もいました。

昼はバスが遅れてきて、
さらにICカードの読み込めない人もいました。

買い物をしたときには
ラッピングを頼みましたが、
クリスマスシーズンでもあるため
混み混み。

また、あるスタッフさんに頼みごとをしたときに
前は難なく引き受けていただいたことが、
今回は「無理です」と。

など、なかなかスムーズには
事が運びませんでした。


【心と身体の位置関係】


そのたびに
「うーむ、時間が過ぎてゆく…汗」
と思い。

あまりに立て続けに起こるものだから
「早くいきたーい!」
と焦ってしまいました(^_^;)

でもふと、
「ん?この止められてしまう現象は
なぜ立て続けに起こっているんだろう?」
と思いました。

いつもなら単発だったり、
せいぜい2回くらいで終わるのに、です。

そこで、焦る自分を見つめ直しました。

「焦ることでどうなるか」
「早く、と思うことで世界が変わるのか」
「身体はここにいる。では心はどこにいる?」

と問いかけました。

結論としては
◆焦ったところで、むしろハプニングが起きて
余計な時間がかかることもある
◆「早く」と思っても、世界は変わらない
◆身体はここにいる。
心は先の方に飛んでいっている。

そう、心が先を行ってしまって
身体にいないので、変に焦ってしまうのです。

そして、早く早くと願っても、
物事は早く進む訳ではありません。

むしろ焦って急ぎ足になったりして、
コケたりします。

誰かにコーヒーをこぼしちゃったりもします。


【まずは心と身体を一致させる】


焦っているときこそ、
自分の居場所に意識を向けます。

そして、深呼吸をします。

「私はいま、焦っている」と自覚します。

急いで何かをしようとするのではなく、
心と身体の場所を揃えてから
物事に取り組むんです。

焦っていること自体は、仕方ありません。

自覚をもって、深呼吸して、
自分の足元を力強く踏みながら
急ぎましょう。

焦る時期こそ、
自分を見つめる時間を持ちませんか。

↓アウェアフルヨガプライベート
https://eriko-maekawa.com/menu/#1

↓瞑想セッション
https://eriko-maekawa.com/menu/#14

関連記事