Blogブログ

思いどおりにいかないと悔しい訳 

日々のすることで、
うまくいかずに苦しむことはありますか。

人生ずっと、思いどおりに進まないと
悔しかったりしませんか。


【女王様時代】


私は幼稚園~小学生のころ、
私は女王様ばりにいばっていました(^_^;)

昭和という時代にふさわしく、
近所の子どもたちみんなで遊んでいたんですが
「あれ取ってきて」
「これやっといて」
「こんなんいやや」
とやりたい放題でした。

とは言え従う子ばかりでもないから、中には
「いやや。なんでせなあかんの」
と言って喧嘩になることもありました。

そういう時は、
「なんで思うとおりにならんの」
と悔しい思いをしていました。

自分を中心に、世界が回っていると
思っていたんですね。

自己中、というものです。


【人の目を気にする時代】


さて、そこから中学、高校と
思春期に入ると、一転して
人の目が気になり始めました。

「あの子から嫌われないように」
と、気を使う日々。

でも
気を使っているのに怒られたり、
陰口言われたりする時代でした。

「なんでこんなに気を使っているのに、
嫌われることがあるんだろう」
と思っていました。

この時の心は、周りを中心に据えて、
自分がぶんぶん振り回されていたんですね。


【あるがままを楽しむ時代】


女王様→人の目を気にするという時代を経て
ヨガ哲学に出合ったところで、

◆あるがままでいい
◆人と人は糸のように紡ぎあっている
◆人生は波のようであり、乗っていく

ということを知りました。

自分がわくわくすることをしてもいい。

周りを気にしすぎず、楽しむ。

うまくいかないことがあっても、
そこから派生する事柄から
学べることを見つける。

という風にしてみたら、
楽に過ごせることが分かりました。

先日、占い鑑定の先生が
「物事を思いどおりにしようなんて、
そもそもおこがましいよね」
とおっしゃっていました。

確かにそうですよね。

思いどおりにしようと試みたとして、
うまくいかなかったら
怒ったり悲しんだり、悔しがることよりも
そこから何に気づくのか。

何を学べるのかを見ていくと
もっと面白いことになります。

「人生思いどおりにいかないことばかりだ」
と思って悔しい思いをしている人こそ、
思いどおりにいかない理由を見つければ
楽しい人生に切り替えていけますよ。

自分中心、他者中心で回るのではなく
波に乗ってみませんか。

人生の波にうまく乗れるようになりたい方には

ヨガ哲学における生き方コンサルティング
https://eriko-maekawa.com/menu/#8

オラクルカードカウンセリング
https://eriko-maekawa.com/menu/#10

インナービューティコーチング
https://eriko-maekawa.com/menu/#9

がおすすめです。

関連記事