Blogブログ

夢をコントロール出来る人から学んだヨガ哲学

夢を夢と認識したことはありますか。

私は残念ながらありません。

けれど、夢を夢と認識出来る人がいます。

さらに、夢の中の自分を
自在にコントロール出来る人もいます。

ヨガ哲学と通じるところがあって
面白かったので、そのお話です。

 

【夢の中で夢と気づく】

 

 

夢って不思議ですよね。

現実とは違う世界で生きていて、
夢とは気づかず
「本当の世界」と思って過ごします。

例えそれがどんなに
「変」な世界だとしても、
気づかなければ本人にとっては
本当の世界です。

私は夢の中で夢と気づいた経験がないので
そういうものだと思っていました。

けれど、ウチの夫が
「時々、夢の中で夢と気づくよ」
「しかも気づけばコントロール出来るし」
と言ったので、とても驚きました。

世の中にはそういう人が
たまにいるようですね。

先日、ヨガレッスンで
生徒さんに聞いてみたところ、
気づいた経験のある人が
けっこういました。

ただ、生徒さんたちは
「気づけるけどコントロールは出来ない」
という人と
「気づけばコントロール出来る」
という人に分かれました。

段階があるのかもしれませんね。

 

【現実の世界がまやかし?】

 

 

ヨガの教えや、スピリチュアルの世界では
実は、私たちが「現実」と感じている
この世界も、
「まやかしである」
と言われています。

ヨガというのは「真理」=本当のこと
に気づくことを目的としています。

真理とは
「この世はまやかしであり、
本当の世界とは真我(魂)の世界=宇宙」
ということです。

でも、そんなこと言われても
やっぱり私たちにはここ(この世)が
リアルですよね。

夢を夢と気づかないように、
現実と思っている世界を
まやかしであるとは気づけないのかも
しれません。

 

【夢と現実、まやかしと真理】

 

 

瞑想を続けていると、
だんだんと悟りの境地に行けるそうです。

ただそこには段階があり、
完全に真理を理解するのに
いろんな状態を経験するようです。

まるで夢を夢と気づきながらも
コントロールは出来ない状態と、
夢をコントロールしてしまえる状態とで
段階があるように。

私は夢を夢と気づけませんし、
ましてや悟りの境地に至ってもいません。

でも、瞑想と悟りの段階を聞いても
イマイチ分からなかったのが、
夢の話を聞いて
なんとなく掴めてきました。

そして私の感じる現実(この世)での
大変なこと、怒りや悲しみを感じたとき、
ふと
「これが夢、まやかしであったならば」
と考えてみたら、
その感情に巻き込まれ過ぎず、
落ち着きやすくなってきました。

現実逃避ではなく、
現実から一歩離れて
「俯瞰(ふかん)してみる」
ということだと思います。

もし、落ち込みやすかったり
感情をどうにも扱いにくいと
感じるような時には、
試しに「これが夢だったなら」
と思ってみてはいかがでしょうか。

感情のコントロールなど
気になることがあるならば
オラクルカードカウンセリングや
ヨガでサポートいたします。

お問い合わせくださいね。

関連記事