Blogブログ

「失敗したくない」と緊張するときは

例えば
▪️大事なプレゼンがあるとき
▪️試験を受けるとき
▪️作品を発表するとき
など、失敗したくないことって
ありますよね。

個々の物事の成功失敗。

人生における成功失敗。

緊張しやすいときに
おすすめの考え方をシェアします。

 

 

 

【失敗とは】

 

 

そもそも、失敗って何でしょう。

成功の反対。

もちろんです。

私が思うに、
思い通りにいかないこと、
思い通りにいかなかったこと、
ではないでしょうか。

プレゼンにしろ、
試験にしろ、
作品の発表にしろ、
思い描いた結果があって。

そうなりたいという願望もあって。

でもその通りにいかないこと、
いかなかったことです。

その時、どんな気持ちでしょうか。

悔しい、悲しい、怒り…
どちらかというとネガティブな感情が
現れやすいですね。

 

【成功したときは】

 

 

 

では成功とは。

先ほどとは逆に、
思い通りにいくこと、
思い通りにいったこと、
ですね。

そうすると
喜び、楽しさ、達成感…
どちらかというとポジティブな感情が
現れやすいです。

何かを思い通りにいかせたいと
思っていて。

思い通りにいけば
ポジティブになれることも知っている。

それなのに緊張してしまうことが
あります。

それは何故なのでしょう?

きっと、
失敗したときの感情の方が
強くイメージ出来てしまうから
ではないでしょうか。

うまくいくイメージが出来なくて、
うまくいかないイメージばかりで
恐くなってしまう。

すると緊張になりますよね。

 

【経験を作り出している】

 

 

ヨガの教えの中に
「私たちは経験を創造している」
「その経験は私たちの中に留まる」
「経験は私たちの中で移り変わる」
というものがあります。

例えば。

1、何かで失敗する
→その失敗が記憶に残る
→恐くなる

2、何かで成功する
→その成功が記憶に残る
→自信がつく

これは単純な例ですね。

でも、「移り変わる」もあるので、

3、何かで失敗する
→その失敗が記憶に残る
→失敗から何かを学ぶ、何かに気づく
→チャレンジする

となって、
次は成功するかもしれません。

また失敗しても、
そこからまた学んだり
気づいたりするので
3のサイクルは成功まで
エンドレスに出来ます。

ヨガの教えから言えば、
実は失敗も成功もなくって、

「すべては人生経験」

なんですよね。

だから失敗が恐いかもしれないけど、
本当は恐がる必要はなくて。

経験だと思えば
心が軽くなるんじゃないかな
と思うのです。

あとは、
恐さが取れるところまで
なんども反復する。

経験から学んだことがいっぱいあると、
自然と自信がつきます。

緊張しやすいときには、
経験をたくさん積む心積もりで
いてみてはいかがでしょうか。

どうしても恐さがあるときは
ビューティトータルサポートや
オラクルカードカウンセリングで
お話をお聞きして心に聞きましょう。
お問い合わせください。

関連記事