思い込みって面白くもあり、恐いものでもあるなと思ったお話

私は大丈夫…って思っていても
ハマっちゃってることもありますね。

私もこの間、自分でびっくりしました。

【一方向から視る】

 

 

これ、何に見えますか?

なんだかよく分かりませんね。

ではこれは?

桜の形のイヤホンジャックでした。

物体は、
あらゆる方向から視ないと
本当の形が分かりません。

最近はYouTubeでも、
『錯視』
(そのものを見ているつもりなのに、
錯覚を起こす現象)
を利用している
マジックもありますね。

そういうマジックは、
思い込みを愉快に使っています。

さっきの写真も、
桜と分かる方を先に見てから、
横向きのものを後から見たら
「あれ、こんなに薄かったんだ」
と思うかもしれません。

物の本当の形は、
あらゆる方向から視ないと
全体が捉えられないのですね。

【誰が悪いのか】

 

 

私が高校生のころ、
ある幹線道路のトンネルの
崩落事故がありました。

当時、管理していた組織がマスコミに
すごくバッシングをされていました。

その折に担任の先生から
「あの事故での、管理側をどう思う?」
とクラス全員に問われました。

ほぼみんな、
「悪いと思う」
と答えました。

しかし、先生は
「本当にそうかな?」
と疑問を投げ掛けました。

その事故の原因はこうでした。

wikipedia「豊浜トンネル」より抜粋

「崩落に至った原因としては、
付近の地下水が湧出している部分が
厳冬期に凍結し、
地下水圧の上昇を毎年繰り返すことで、
岩盤の亀裂を徐々に成長させたため
と見られている。」

先生から、

「どこに責任があるか問うことは大切。
悲しい事故を繰り返さないためにも。
けれど、一部の報道を鵜呑みにして
一方だけを悪者にするのはどうだろう?
自然が起こすことを、
すべて把握、予測するのは難しいよ?」

というニュアンスのことを
言われた記憶があります。

確かに、
一面だけを視て
「この人が悪い」
と決めつけるのは、簡単です。

でも、その人も心のある、
さまざまな人生を歩んできている人です。

本当にその人を悪者と
決めつけていいのか。

多面的に視ることが
大切なのではないでしょうか。

【思い込みは気づきにくい】

 

 

「私は大丈夫」
と思っていても、
ついつい一部の話で
信じちゃうことがあったりします。

先日も、
あるネットニュースを読んで
「ふーん、そうなんだ~」
と思っていたら実はデマだった
なんてこともありました。

「多面的に視よう」と意識していても
思い込みは根強く、
ふとした瞬間に間違った情報に
ハマっていたりします。

最近、何かの情報で
一方的に信じてしまったことは
ありますか?

多面的に視てみましたか?

本当の姿が見えたとき、
自分自身も成長します。

ヨガは、真理を追求する手法です。

ぜひ起こっている物事の
本当の姿を見極めてください。

ビューティトータルサポートでは、
ヨガ、カウンセリング、エステで
多面的にあなたの内面からの美を
整えます。

詳しくはお問い合わせください。

関連記事

  1. バナナが流行って店頭からなくなってもまた戻る理由

  2. 自分が分かると気持ちが楽になる

  3. 信号無視して渡った人に対して言う言葉

  4. やりたいことが出来ないという制限を外した自由な世界を作るため…

  5. 辛い経験ほど、人に活かすと癒される

  6. やることがいっぱいで時間がない時にこうしてみました 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP