Blogブログ

15年抱えていた問題が解消された方法

これまで15年ほど抱えてきた問題が、
なぜかすうっと解消されました。

すべては自分の反応なのだな
と思ったのです。

身の回りに起こる現象はすべて
自分のために起こっていることだと
だんだん分かってきました。

 

【傷と仮面】

 

 

友人に勧められて
リズ・ブルボーという著者の
「五つの傷」という本を読みました。

すべての人は母のお腹の中にいる時から
幼少期にかけて、
保護者との関係において
何らかの心の傷を負う、
ということ。

その傷を隠すために
ある仮面を被る、
ということが語られていました。

私も例にもれず、
ある仮面を被っていることに
気づきました。

その仮面を被り続けている理由は
自分が傷つきたくないから…
ではあるのですが。

それよりももっと
自分の欠点に見えるところを
まだ許せていないからなのだと
気づきました。

 

【許すこと】

 

 

傷つくこと
負けること
恥ずかしい思いをすること
などがイヤで、
仮面を被っていました。

だから、そういう自分が見えてくると
これまでは心に仮面を被り、
違う自分を演じたり
緊張したりしていました。

けれど傷と仮面の関係を理解出来たら
「そうかぁ。ただの反応だったのか」
と納得出来ました。

そこで、心の反応を
観察することにしました。

例えば、いつもなら
カチンとくるようなことでも
「あ、反応してる。傷があるからだな」
と思う。

苦手な人に構え始めたら
「あ、反応してる。
緊張しちゃって~。
ま、OKだよ」
と許す。

取り繕いそうになるのを察知して
よしよしする感じ。

自分で自分を見て、
時にはあやして
時には見守って
時には笑い飛ばして。

ちっさい頃の自分と、
いま自分の対話のようにしてみました。

そうしたら、
なんとも心の楽なこと。

今までしょっちゅう取っていた
心のファイティングポーズを、
もう取らなくてもよくなったので
すごーく心が軽くなりました。

正直なところ、一過性のものかな?
とも思うのですが。

15年もの間、いえ、もしかしたら
生まれてからずっと
密かに抱えていた問題。

これまで大丈夫になったかなと思っても
一週間ももたなかった問題が、
今のところ半月以上は解消されています。

しかも、これまでかつてないほどに
気持ちが穏やかでもあります。

 

【自分の反応を客観的に見ていく】

 

 

 

もちろん、日々の諸問題が
まったくなくなった訳ではないのですが。

問題に対する反応や、
見方が変化したようです。

大変だなーと思うことはあっても、
▪️すっごいストレスにならない
▪️気持ちの大波にはならない
という感じです。

自分には傷もあるし
仮面もよくつけるけど、
だんだんとつける必要がないように
なってくるのだなと思いました。

▪️自分がどんな傷を
持っているのかを知る

▪️自分がどんな仮面を
被っているのかを知る

▪️日々のことに対し、
心がどんな反応をしているのかを知る

▪️その反応を客観的みて、よしよしする

心が軽くなるので、
試してみてくださいね。

人間関係に関しては、
ISD個性心理学診断がかなり
役に立っています。

まずは自分の診断をしてみてください。

どうしてそういう反応をするのかの
傾向が見えてきますよ。

自分がどんな個性を持っていて
どういう考え方をするのか、
客観的に見てみてくださいね。

診断はお申し込みください。

関連記事