Blogブログ

早く柔らかくなりたい時に違う考え方をしてみる

ヨガレッスンに来られる方たちの多くは

身体を柔らかくしたいと言われます。

 

ヨガは筋力アップ要素もありますが、

どちらかと言うと

「身体を伸ばす」イメージの方が

ありますからね。

 

ただ、どうしても

「早く柔らかくなりたい」

と思っちゃうんですよね。

 

私もそうでしたが…。

 

そんな、

早く柔らかくなりたいという人に

こういう考え方はいかがでしょうか、

という提案です。

 

【植物の成長】

 

 

ここに植物の種があるとします。

その種を蒔き、

お水をあげて

太陽が当たるところに置きます。

この植物が順調に育つことを前提としたら

次に何が起きるでしょうか。

 

つぼみが出来ますか?

花が咲きますか?

実がなりますか?

 

当然ですが、まずは「芽」が出ます。

次に二葉が開き、

茎が伸びながら本葉が出ます。

その後、つぼみが出来、

花が咲きます。

実がなり、

卒業の時を迎えます。

…と、こんな風に

何かの成長には順序があり

ひとつひとつたどって

変わっていきます。

それがこの世の見えない力

(イーシュバラ)

によって定められているからです。

人が生まれてハイハイをし、

つかまり立ちをし、

だんだんと大人になっていくように、

私たちは見えない力(イーシュバラ)で

定められ、支えられています。

 

【魔法の薬】

 

 

ところが、私たちが何かに困ったとき、

つい近道、早道を探してしまう

クセがあります。

 

▪️早く稼ぐにはどうしたらいいか

▪️早く柔らかくなるにはどうするか

▪️早く人と仲良くなるには…

 

そうして魔法の薬を

手にいれたくなります。

この世にはいろんな

HOW TO本が出ています。

そういうもののヒントを得るのは

いいこともあります。

助けになることもありますし。

けれど、あまりに近道、早道に

固執し過ぎると

ぶり返しがくることもあります。

 

▪️うまくいかなくて

自分や人のせいにしちゃったり。

▪️早く手にいれて、

早く破綻してしまったり。

▪️早くを求めるあまり、

ケガをしてしまったり。

 

順番を守りながら早く到達するのは

ぶり返しは少ないですが、

順番を飛ばして早く到達するのは

イーシュバラの力を無視しているので

どうしても無理がかかるんです。

 

【イーシュバラ・プラニダーナ】

 

 

この世の見えない力、

イーシュバラ。

私たちには見えないので、

言葉で表現することは難しいです。

だから日本語では「神」と呼んでいます。

 

 

イーシュバラ=見えない力、神

プラニダーナ=すべて

 

 

この世の現象はすべて

神の意思とするところ、ということです。

ただし私は宗教家ではないので、

信じなさい、という訳ではありません。

あくまでヨガ探究者なので、

こういう考え方があるから

生き方が楽になるなら

試す価値はありますよ、

という提案をするだけです。

話を戻します。

 

この世は神の意思で動いているので、

もし

「早く柔らかくなりたい」

と思っていても難しいならば、

まずは

「身体が硬いけど難しいのは

神の意思によるところなのだ」

といったん距離を取ります。

 

「なんで柔らかくならないんだ!」

と無理をしても、

痛めてしまいかねません。

 

距離を置いたあと、

今までおこなってきたことを

振り返ってみて

検証するのもいいですし、

もう少し時間をかけてみるのもいいですし、

全然別の手段を試してみても

いいかもしれません。

自分や誰かのせいにするのではなく、

どうにもならない

イーシュバラの力と思って

やれることをする。

その方がメンタル的にも楽だと

私は思います。

 

イーシュバラ・プラニダーナ。

 

「早く◯◯したい」(ex.柔らかくなりたい)

と思うときには、

イーシュバラの力に身を委ねて

冷静に見極めてみては

いかがでしょうか。

 

 

お話はカウンセリングでお聞きしています。

関連記事