Blogブログ

ふだん考えていることが運命に繋がっているのだとしたら 

【思考が運命に至る】

 

 

なにかハプニングが起きたとき
どんな思考が頭に浮かびますか。

 

ふだん、どんなことを考えて
過ごすことが多いですか。

 

他者に対して献身的に努めた
マザー・テレサさんの言葉に
こういうものがあります。

 

「思考に気をつけなさい
それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい
それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい
それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい
それはいつか運命になるから」

 

そう言われてみると
なるほどと思いました。


(食事面と思考も密接…)

 

 

【実家時代】

 

 

 

 

もし、今が幸せで、
望みどおりに歩んでいるのだとしたら
ふだんの思考が
自分と周りのエネルギーを
安定に保つものなのでしょう。

 

けれどもし、
「なぜこんな目に遭うのだろう」
「うまくいかない」
と思ってしまうならば、
それはふだんの思考によるもの
なのかもしれません。

 

私は実家に住んでいるころ、
自分は不幸な身の上だと
思っていました。

男兄弟に挟まれているのですが、
いつもケンカは絶えなくて。

ボッコボコにされることも
ありました。

親は不仲で、やはり
ケンカばかりでした。

学校などの人間関係も苦手なほうで
なんだか斜に構えていたように
記憶しています。

そういえば、
小学生時代は男子とケンカばかり
していました…(^_^;)

その思考の元を見てみると

「不仲な親元に生まれた私は
不幸である」
「女の子を大切にしない
男兄弟がいることは不幸である」

と思っていたのだなぁ…と
今なら分かります。

だから汚い言葉でケンカをするし、
実際の殴る蹴るのケンカはするし、
それがほぼ毎日で、
性格は粗雑になっていきました。

ケンカはケンカでも、
人を思いやって仕方なくするケンカ
ではないので、
単なるワガママなのです。

そういう時の運命は、
やはり厳しいものになるのだと
実感しました。

 

【現在】

 

 

 

それから静岡にきてカドが取れはじめ、
気の長い伴侶を得てだんだん変わり、
ヨガを続けているなかで
丸くなってきたように
感じています。

今は
「どんな環境にあろうとも
幸せを感じることは出来る」
のだと分かってきました。

するとそれを
言葉にして伝え始めました。

自分が満たされている上での
行動をするようになり始めました。

それが習慣化しています。

きっと性格も変わったのだろうと
思えるのは、
昔の私を知っている方たちから
「表情が全然ちがう」
と言われるからです。

もし、あなたの今の運命が
あまり望んでいない
ものなのだとしたら。

少しだけ考え方を
見直してみるのは
いかがでしょうか。

ふだんどんな思考が多いのか。

どんな言葉を発しているのか。

自分では気づけないこともあるので
人に教えてもらうことも
おすすめです。

ぜひ、望む運命を歩んでください。

※ふだんの思考や言葉に気づけないときは
お話をお聞きしてお伝えすることも
できます。
メニューのカウンセリングを
お選びください。

関連記事