Blogブログ

身体の循環を良くするために

ふだん、お水はどのくらい飲みますか?

水分(お茶やコーヒーなど)、
じゃなくてお水または白湯。

事務員をしていたころ、
私はほとんどお水を
飲んでいませんでした。

飲んだとしても、お茶やコーヒー、
いわゆる水分。

お水も白湯もほぼ飲めませんでした。


カラカラ。

身体の循環を良くするためには
お水や白湯が大事というお話。

人間の身体

私たちはほとんど水で出来ている
という話しはご存知かと思います。

サントリーのエコ活サイトより抜粋
↓↓↓

「性別や年齢で差はありますが、

胎児では体重の約90パーセント、
新生児では約75パーセント、
子どもでは約70パーセント、

成人では約60〜65パーセント、
老人では50〜55パーセントを

水が占めているのです。」

これだけの水を身体に持っているのに、
水をあまり飲まないでいる
ということは、
古い水を循環させ続けている
ということでもあります。

お茶、コーヒーなどは
利尿作用があるので、摂取量よりも
体内から排出される方が
多くなる可能性があります。

誤解のないように、
「お茶やコーヒーを飲まないで」
といっている訳ではなく、
水を摂取しながら
お茶、コーヒーも飲めば大丈夫です。

「お水」を循環させて欲しいのです。

肌、肉体、心

古い水を循環させていると、
肌が荒れてきます。

くすみはもちろん、
吹き出物が出たり、
みずみずしさを失ったりしていきます。

肉体も、筋肉や内臓に必要なお水が
古いと、動きが鈍くなりやすいです。

また、お水には心のエネルギーが
入りやすい…とも言われます。

古いエネルギーが循環すると、
これまた心が冷えてきてしまいます。

そこで、新しいお水が必要なのです。

どのくらいの量が必要か

ヨガを始めてから、
だんだんとお水が飲めるように
なってきました。

現在では
朝は「白湯」を400mlほど飲み、
お水も500ml近く飲んでいます。

午後に1Lくらい、
夜も300~500mlほど飲みます。

もちろん、水分も
この他に摂っています。

白湯、お水だけで1日2L以上は
飲んでいる計算ですね。

基本的にこのくらいですが、
用事などで飲む量が減っても
1.5Lほどは飲んでいるかと思います。

いろんな説がありますが、
総合してみると
お水は1日に1.5L~2L以上
飲むと良いようです。

そうすると循環され、
肌も肉体も心も健康になってきます。

お水を飲むのは慣れなので、
飲めないという人は1Lから始めては
いかがでしょうか。

出来るだけこまめに、
チビチビと飲んでくださいね。

ゴクゴク飲んでしまうと
排出が早まります。

身体に浸透させてあげてください。

みずみずしくなりましょう!

お水の循環は身体を動かすことも
必要です。
プライベートヨガレッスンで
流しましょう。

今月末までは
ビューティトータルサポートが
お得になっています。

お問い合わせください。

関連記事