周りに話を聞いてもらえる人がいないと感じるとき

自分の話を真摯に聞いてくれる人は
どのくらいいるでしょうか。

自分の話を最後まで聞いてもらえると
人は安心するようです。

アドバイスが欲しいときもありますが、
そういったものがなくても
最後まで真摯に聞いてもらっただけで
心が安心するんですね。

あなたはいつも
誰に話を聞いてもらっている
でしょうか。

【すり変わり】

電車やカフェで聞こえてくる会話は、
わりと人の話を聞いているようでいて
いつの間にか他の人の話題に
変わっていたりします。

A「こないだ大変なことがあってさー」

B「どうしたの?」

A「階段から落ちちゃって…」

B「ひえー。それは大変だったね。私も落ちたことあるよ。その時も大変でさー。膝を怪我するわ恥ずかしいわで…」

Aさんが話し始めたのに、
いつの間にかBさんの話題に
すり変わっています。

Aさんはもう少し
話を聞いてもらいたかったのですが、
Bさんの話になってしまったので
もう話せなくなってしまいました。

【空返事】

夫婦間でよくあるのは、
何かしながら聞く、という行為。

妻「今日スーパー行ったらさぁ、通りがかりに値引きシール貼ってくれてね。100円も安く買えちゃったんだよ」

夫(テレビ見ながら)「ふーん」

妻「聞いてる?」

夫「返事したじゃん」

妻「ちゃんと聞いてない!」

これは夫は聞いているつもりかも
知れませんが、
顔を見て話していないので
妻は聞いてもらっている実感が
ないんですね。


(どこ見てんの?)

【あいづち、承認】

話が変わってしまったり、
顔を見てもらえてなかったりすると、
「話を聞いてもらえた」
感はなくなります。

人が話をするのは、
「聞いて欲しいから」
なのですが、
そこには
「承認されたい」
「承認はいいけど受け取って欲しい」
「議論してもいいから認めて欲しい」
という欲求があるんです。

だから
▪️あいづちがなかったり
▪️話を持っていかれたり
▪️顔を見てもらえてなかったり
すると、
モヤモヤと心が未消化に終わるんです。

周りにあいづちを打ち、
承認をしたり、認めながら議論できる
相手はいますか?

いるとしたらかなり幸せなことです。

コーチングやカウンセリングがいいのは
「最後まで真摯に話を聴く」からです。

たまに質問も交えながら、
話の奥深くまで掘り下げます。

そして、心の奥に溜まっていたものを
解放することが可能になってきます。

もし、周りに話を聞いてもらえる人が
いないと感じたら、
カードコーチングや
オラクルカードカウンセリングを
受けてみてください。

カードコーチングは
あなたの考えを引き出すもの。
(頭の整理におすすめ)

オラクルカードカウンセリングは
見えない力からアドバイスをもらい、
そのアドバイスに刺激されて
心の奥底を解放するもの。
(メンタルケアにおすすめ)

どちらも先にお話をお聞きしますので
ぜひ聞かせてくださいね。

関連記事

  1. なんにもしない、何も考えない時間が大事な訳

  2. イラッと来たら90秒待つといいのはなぜか

  3. 価値観はそれぞれ違うもの

  4. 身体のコントロール、心のコントロール

  5. つい食べちゃうクセがなくなった理由

  6. 緊急事態宣言の渦中にはオレンジの香りを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP