Blogブログ

目のお疲れにマンゴー

 

暑い国でよく食べられるフルーツといえば、いろいろありますが、日本でも人気なのがマンゴー。

甘くて、ちょっと酸っぱくて、すっきりしますね。

マンゴーにはどういう栄養素があるんだろう?と調べてみたら
・ビタミンA
・β-カロテン
が多いそうです。

ビタミンAは、粘膜の保護や、免疫力を保つのに必要な栄養素ですね。

β-カロテンは人間の身体の中で、必要な分だけビタミンAに変わる栄養素です。

コロナから身を守るのにも、有用な感じです。

とは言えビタミンAは脂溶性ビタミンなので、1日の摂取量に制限があります。

ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、過剰に摂取しても排泄されるので大丈夫ですが、ビタミンAなどの脂溶性ビタミンは、摂りすぎると身体に不具合が起こることがあります。

…って書くと、ちょっと怖い感じがしますが…

マンゴーに含まれるビタミンA(レチノール)は100gあたり54μg。
マンゴーは大きさによりますが、一個大体200g前後。
一回の摂取量は108μg。

ビタミンAの1日の許容範囲は成人で5000IU。
μgに直すと約15,000μg。
マンゴーを一気に140個以上食べると超える感じです。

(数字に弱い私の計算&ざっくりなので、間違いがあったらツッコミ入れてくださいませ)

他の食材やサプリメントとかもあるので、過剰摂取には気をつけたいですが、一個二個食べる分には免疫を保つためには必要と感じます。

摂りすぎに注意したいのは、レチノールと呼ばれるビタミンAのことで、β-カロテンはまた別です。

β-カロテンはビタミンAに変わると言っても人間の身体に必要な分だけ変わるので、安心して摂れます。

マンゴーには両方入ってますが、どちらかというとβ-カロテンのほうが多いです。

◾️マンゴープリン

写真はマンゴープリン。
マンゴーそのものも美味しいですが、やはりマンゴープリンは美味しいですね。

この夏を、マンゴープリンなどで美味しく乗り切りましょ♬

関連記事