目標のその先を大切に

◯◯をしたい、◯◯になりたい。
と思っても、その目標を達成するって難しかったりしませんか。

例えば、私は英語を話せるようになりたいです。
でも、一向に上達しません。

その理由は、何のためにしているかが明確になっていないからです。

1ヶ月後にひとりで海外出張することになった。
話せるようになれば旅が快適になるだろう。

という目的が出来れば、きっと何がなんでも英語を習得するはずです。

今のところ、そういった〈目的〉がなく「なんとなく」勉強しているので、英語を話したいという〈目標〉が達成しづらいんですね。

現に、多くの人がヨガを知れば、みんなが幸せになれるし、私も人の役に立てる…という目的があったから、インストラクターになるという目標を達成出来ました。

ヨガのポーズもおんなじで、目的がなく「筋肉プルプル」のポーズを取るのは辛いです。

でもヨガをする目的が明確であれば、プルプルが喜びに変わったり、達成感になったりします。

人生もヨガもおんなじ。

「目標」のその先を大切にしてみてくださいね。

関連記事

  1. つい食べちゃうクセがなくなった理由

  2. 今この瞬間から幸せになる方法

  3. 大変な目に遭って良かったなと思う訳

  4. 今、心の明るさを取り戻すために意識したいこと

  5. 自己肯定感をアップするには段階的にやってみること

  6. 『桐島、部活やめるってよ』を観て知ることの出来た幸せ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP