お尻をつけずに引き上げる体幹力でバランスを取る

 

このポーズ、見たことありますか?

身体がみなさんの方を向けば、CMでよく見るポーズになりますね。

でも、あの形だと実は伸ばしたいところを伸ばせていないのです。

本来は、横向きのポーズではなく縦向きのポーズなのです。

専門用語を使うと、前額面のアーサナではなく矢状面のアーサナ、ということです。

私はインストラクターの中では背中が柔らかい方ではないので、写真を見ると反れてはいないのですが。。。

これでもだいぶ柔らかくなったほうで、モモの前がわと、股関節の奥のほうがかなり伸ばされて気持ちいいです。

これが横向きになると、モモや股関節がうまく伸びず、身体が歪んでしまいやすいです。

縦向きに身体を使うことでモモと股関節が伸び、さらには脊柱(背骨)も伸びてくれるのです。

そのうえで骨盤を立てる意識をすると、お尻を床に付けずに引き上げることが可能になります。

体幹力がつき、バランスの取れるしなやかな身体ができます。

柔らかいことも大事ですが、凛と引き上げる強さも作りましょう。

強さと柔らかさのバランス=しなやかさ。

心も身体もしなやかにいきましょう!

関連記事

  1. 誰でもできるホイール入門

  2. 幸せになるためのヨーガ・スートラ7

  3. 全身強化に役立つチャトランガ・ダンダ・アーサナ

  4. 骨盤の歪みを整えるためのアンジャネーヤーサナ

  5. いるはずのないところに顔があると思ったら…

  6. もう少しでぎっくり腰になりそうという方のためのヨガ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP