【タロットで占えることはどんなこと?】
〜気をつけたほうが良いポイントを解説〜

タロット占いは、私たちの日常の悩みに対して、新しい視点を提供してくれます。カードが私たちの心に寄り添い、問題の解決に向けて導いてくれる姿は、心強いものです。ただし、注意が必要です。なかにはタロットカードで解決できない問題もあるのです。
そこで、タロット占いができることとできないことを、具体的な例を交えて説明します。これらは、タロットカードの基本的な性質を理解する上で重要なポイントです。ぜひ心に留めておきましょう。

【目次】
• タロットカードで占えること
* 現在や近い未来の状況
* 具体的な事柄
* 問題への対応策

• どれくらい先まで占えるか
* 基本的には1ヶ月から3ヶ月程度先まで
* 長期的な未来を占うには

• タロットで占えないこと
* 悩みではないこと
* 他人しか判断できないこと
* 同じ内容を繰り返し占うこと

• タロットで占えることは「悩みの解決策」

タロットカードで占えること
タロットカードを使えば、身近な悩みに対して占いを行うことができます。主に、以下のような事柄が対象となります。

◆現在や近い未来の状況
タロット占いは、私たちの現状や近い未来に光を当てることが得意です。ただし、私たち自身の行動次第で未来は変わることを覚えておきましょう。カードの結果と実際の出来事が一致しないこともありますが、その背景には様々な要因があるのです。良い結果が出た場合は、それを実現するために努力を惜しまず、悪い結果が出た場合でも、改善のための努力を怠らないようにしましょう。

◆具体的な事柄
タロット占いは、具体的な悩みに対して方向性を示すことが得意です。Yes/Noで答えられる質問に対しては、明確な答えを得やすくなります。質問が具体的であればあるほど、実践的な回答が得られる可能性が高まります。

◆問題への対応策:
タロットカードは、問題の現状や展望だけでなく、その解決策についても示してくれます。悩みを整理し、占いを行うことで、より意味のある答えを得ることができます。また、過去に触れることで問題の原因を探ることもできます。これらのアプローチによって、より総合的な解決策を見つけることができるでしょう。

どれくらい先まで占えるか

◆基本的には1ヶ月から3ヶ月程度先まで
タロットカードでは、未来についての占いも可能ですが、限界があります。一般的には、1ヶ月から3ヶ月程度先までが見通しの範囲です。長期的な未来を知りたい場合は、ホロスコープスプレッドを試してみることができます。

◆長期的な未来を占うには
タロットカードは、長期的な未来についての占いには向いていません。未来は常に変化しているため、長期的な予測は困難です。もし先のことが知りたい場合は、ホロスコープスプレッドを試してみると良いでしょう。

タロットで占えないこと
タロットカードでは、占えないこともあります。具体的な例を挙げて説明します。

◆悩みではないこと
タロットカードは、悩みに関する解決策を提供するためのものです。そのため、生死やギャンブル、試験の結果などについては占うことができません。

◆他人しか判断できないこと
他人に関する占いは避けるべきです。カードのメッセージは、本人の存在を前提としています。

◆同じ内容を繰り返し占うこと
同じことを繰り返し占うことはできません。カードは一度の占いで十分なメッセージを提供しています。

タロットで占えることは「悩みの解決策」

基本的に、タロットカードによる占いで導き出せるのは、現在抱えている悩みの解決策です。タロットカードは、質問者の気持ちを敏感に感じ取ります。そのため、悪い考えをもっていれば、そのことがカードにも必ず伝わってしまい、きちんとした結果を得ることはできなくなってしまうはずです。カードには嘘をつかず、本心で接するようにしましょう。また、カードに敬意を払い、カードがより答えやすいような内容にかみ砕いた上で質問をすることで、より的確な答えを受け取ることができるようになります。

以上が、タロット占いの基本的な考え方とポイントです。タロットカードは、私たちの日常の悩みや疑問に対して、新たな視点を提供し、気づきを与えてくれる貴重なツールです。ただし、占いはあくまで道具であり、私たち自身の行動や思考が最終的な結果に影響を与えることを忘れないようにしましょう。真摯に向き合い、より良い未来に向けて努力を続けていきましょう。

関連記事

  1. タロット解説【3 女王(女帝)のカード】

  2. タロット解説【1 魔術師のカード】

  3. タロット用語解説と豆知識

  4. タロットって何?占いの基本

  5. タロット解説【0 愚者のカード】

  6. タロット解説【2 巫女(女教皇)のカード】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP