タロット占いのやり方を解説

タロット占いって興味がありますか?
やり方とポイントをお教えいたします。

タロットカードを使った占い、一度やってみたいとお考えではありませんか?
実は、タロットカードの占いは、コツさえつかめれば初心者の方でも簡単に行うことができるのです。
しかし、タロットカードを使用する際には、正しい手順やポイントを把握しておかなければなりません。
タロットカードの占いをマスターすることで、些細な問題に対する解決策を見つけることができるかもしれません。
今回は、タロットカードの占い方と注意点についてご紹介いたします。

目次
A、タロット占いの前に
1、場所を整える
2、カードを浄化する
3、質問を考える
4、カードを準備する
5、シャッフルする
6、カードを切る
7、カットする
B、タロットのやり方(スプレッド)
1、ワンカードスプレッド
2、ツーカードスプレッド
3、スリーカード
4、シンプルクロススプレッド
C、注意点
D、効果的な占い方
1、直感を信じる
2、近い未来を見る
3、カードを信じる
E、やってはいけないこと
1、同じ質問を繰り返す
2、他人にカードを触らせる
F、やり方を覚える

A、タロット占いの前に

タロット占いを行う際には、準備を十分にしておくことが重要です。
準備が不十分だと、正確な結果を得ることが難しくなることもありますので、ご注意ください。

1、場所を整える
タロットカードの占いを始める際には、周囲の環境を整えることが大切です。
他のことを考えずに集中できるように、不要なものは片付けましょう。
また、リラックスできる場所を選ぶこともポイントです。
そして、カードを置く場所にはクロスを敷きます。
これにより、占いの場が整いました。
なお、クロスの色は暗い色のものは避けるようにしましょう。

2、カードを浄化する
カードを何度も使用すると、カードが疲れてしまうことがあります。
そのような場合は、カードを浄化してください。水晶やお香を使ったり、カードを少し休ませたりする方法があります。
カードをきれいに並べて箱に戻し、しばらく置いておくだけで大丈夫です。
その後、占いの前には丁寧にシャッフルしてください。

3、質問を考える
タロット占いを行う際には、占いたい内容を事前に考えておく必要があります。
質問は具体的であるほど良いとされています。YesかNoで答えられる質問が理想的です。
そのような質問を用意することで、カードのメッセージがより明確になります。

4、カードを準備する
準備が整ったら、カードを手元に並べてください。集中して丁寧に行いましょう。

5、シャッフルする
カードをシャッフルしましょう。カードを裏返しにして目の前に並べ、両手で時計回りに混ぜてください。
その際、占いたい内容を思い浮かべながらシャッフルすることが大切です。
手を止めるタイミングは自分の感覚で判断してください。
その後、カードを両手で1つにまとめます。

6、カードを切る
トランプを切るように、カードを切っていきましょう。
自分が良いと思うところで切るまで続けてください。

7、カットする
カードを3つに山札に分けます。
その後、再び1つの山に戻します。
これが「カット」と呼ばれる手順であり、他の方に占ってもらう場合は、その方に行ってもらいます。

B、タロットのやり方(スプレッド)

タロット占いにはさまざまな方法があります。カードを並べる方法を「スプレッド」と呼びます。以下に代表的なスプレッドを紹介します。

1、ワンカードスプレッド
これは最もシンプルな占い方法です。
1枚のカードを引き、そのカードから未来を読み取ります。

2、ツーカードスプレッド
こちらは2枚のカードを使用します。
上から2枚引いて、それぞれのカードから何が起こりそうかを見ていきます。

3、スリーカード
3枚のカードを使用して、過去・現在・未来の状況を読み取ります。
それぞれ、過去の原因や現在の状況、そして未来の結果を考察します。

4、シンプルクロススプレッド
こちらも2枚のカードを使用します。
1枚目のカードが現在の状況を表し、2枚目がそれを邪魔するものを示します。
この2枚を比較し、問題の解決策を見つけます。

C、注意点 タロットカードには「正位置」と「逆位置」という2つの解釈があります。

カードをめくったときに逆さまなら、逆位置と呼びます。
正位置の場合はそのまま解釈すれば良いのですが、逆位置の場合は少し注意が必要です。
正位置の意味が消えているか、逆になっているかは他のカードとの関係から判断します。
ただし、正位置と逆位置を気にしない方もいます。
ご自身のスタイルに合わせて判断してください。

D、効果的な占い方

タロットカードの占いを的確に行うためには、以下のことに注意してください。

1、直感を信じる
カードの意味よりも、ご自身の直感を信じてください。
思い浮かぶカードに注目し、ご自身の状況を考えてみてください。

2、近い未来を見る
タロットカードが占えるのは1~3ヶ月程度の未来です。
何年も先の未来は分からないので、質問の内容を注意深く考えてください。

3、カードを信じる
占いを行う際には、カードのメッセージを信じることが重要です。
疑念を持つと大切なメッセージを受け取りにくくなる可能性がありますので、信頼してください。

E、やってはいけないこと

占いの効果を損なわないために、以下のことを避けてください。

1、同じ質問を繰り返す
結果に満足がいかなくても、同じ質問を繰り返してはいけません。
引いたカードからのメッセージをしっかりと受け止めてください。
同じ質問をする場合は、少し時間を空けてから行ってください。

2、他人にカードを触らせる
カードには他人のエネルギーが入ってしまう可能性があるため、他人にカードを触らせないでください。
ただし、その方を占うの際のシャッフルは問題ありません。

F、やり方を覚える

タロットカードの占いは初心者の方でも行うことができます。ポイントを押さえて、効果的な占いを楽しんでください。ただし、占いに過度に依存せず、ご自身で未来を切り拓いていくことも大切です。

関連記事

  1. 【タロットで占えることはどんなこと?】〜気をつけたほうが良い…

  2. タロット解説【3 女王(女帝)のカード】

  3. タロット用語解説と豆知識

  4. タロット解説【1 魔術師のカード】

  5. タロットって何?占いの基本

  6. タロット解説【2 巫女(女教皇)のカード】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP