過去を振り返るとたくさん「タラレバ」が出てくるけれど、その過去をどう活かすか

【過去を否定する】

 

 

昔を振り返ってみてください。

どんな過去を思い浮かべますか。

素敵な過去でしょうか。

それとも…。

▪️こうして「れば」よかった
▪️ああして「たら」変わってた

なんて思うこと、ありますか。

私はたくさんありました。

「あの時、こんな高価なものを
買っていなければ…」

「あの選択をこっちにしていたら…」

などなど、たくさん出てきました。

こういう「タラレバ」って、実は
「過去を否定」してるんですよね。

過去に選んだ出来事、
過去にそれをした自分を
否定しているんです。

ということは、
その過去に続いている
「今の自分」も、
否定していることに
繋がってしまうんです。

 

【過去を肯定する】

 

 

 

とは言え、過去は変えられません。

どうしたらいいかと言うと、
その過去を肯定できるように
考えることです。

その過去があったために、
どんないいことがあったのか。

例えば、私の場合。

「あんな高価なものを買っていなければ」

↓↓↓

あのとき買ったから、

▪️苦しい中でどう工夫するかを
身に付けられた

▪️ホンモノを知れた

▪️ものを買うときの慎重さを身に付けた

▪️高価なものを手にいれたときの
気持ちを知ることが出来た

▪️あの時の私の心には必要で、
おかげで心身の安定に繋がっている

だから、万事OKであると思えるように
なったのです。

過去の肯定です。

「あの出来事があったから、
今の私は以前よりも
素晴らしい経験を
積めたレベルアップの状態にある」
と思えるようになるのです。


(♪テレレレレッテッテッテー♪)

 

【過去を事象と見る】

 

 

 

さて、考え方・捉え方を変えることに
慣れていないうちは、
少しずつ「否定」を
「肯定」に変えることを練習します。

すると、だんだんと
気持ちが楽になることが
分かるでしょう。

今までたくさんの「タラレバ」で
過ごしてきた人は、
肯定に変わってくると
心のバランスが取れ始めます。

ただ、いつもいつも
「すべてOK、イェ~」
なんて考えられなくても大丈夫です。

無理に気持ちを変更しようとすると、
疲れてしまうことも
ありますから。

少しずつ慣れてきて、
たまに「肯定できないな」と
思うようになってきたら。

過去や、出来事を
「単純に、事象として見る」
ようにします。


(どれどれ)

さっきの話で言うと
「高価なものを買った」、
以上。
ということです。

そこには肯定も否定もなく。

ただの出来事として捉えています。

「買っちゃったから、ダメだった、
嫌だなー」
= 否定。

「買っちゃったけど、結局はよかった、
やったー」
= 肯定。

肯定し辛かったら、
「買った、以上」
= 単なる事象

結局のところ、
肯定したり否定したりするのは
自分の心なので、
どちらにしても波は立ちます。

けれど、ただの出来事として捉えて
そこに感情も善悪も損得も乗せなければ
波立ちようがないんです。

過去はただの事象。

その出来事を活かすも潰すも
自分次第なのです。

過去を振り返って
後悔するならば、
肯定してみたり、
単純な事象として
見てみることをおすすめします。

どんな過去も、
あなたにとって
「活かせる」ものと
なりますように。

関連記事

  1. エアリアルで体ぽかぽか

  2. 寡黙に心を受け止めてくれるベチバー

  3. 新たな環境でも羽ばたくために ~4月の月曜日基礎クラス~

  4. なんにもしない、何も考えない時間が大事な訳

  5. 首、肩に乗っかっていたものが、幼少期の私と出会ったことで解放…

  6. 信号無視して渡った人に対して言う言葉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP