ホルモンバランスを整える方法

【ゴールデンタイム】

 

 

ひと昔前に、
「この時間に寝ると
アンチエイジングになる」と言われた
ゴールデンタイムがあるのですが、
ご存知ですか?

その時間に成長ホルモンが出てくれる
とのことでした。

成長ホルモンは、
子供には成長するために働きますが、
大人には「細胞の入れ替え」として
働きます。

細胞のリニューアルですね。

アンチエイジングと呼ばれるのは、
肌細胞のリニューアル
=肌代謝を促してくれるからです。

肌だけではなく、
筋肉や内臓のリニューアルも促し、
疲労回復、発毛などにも影響します。

さて、実は、そのゴールデンタイムは
昔はPM10時~AM2時と
言われていました。

最近の研究では変わっていました。

「就寝から3時間後」に
出始めるとのことでした。

だから睡眠は3時間以上取ることが
大事です。

睡眠が大事とは知っていても、
隠れた働きを知ることで
身体の健やかさを保つ意識が
変わりませんか。

【一生に出る女性ホルモンの量】

 

 

さて、話は変わりますが
女性ホルモン(エストロゲン)が
一生に出る量はどのくらいか
ご存知でしょうか。

医療系に関わる人に話を聞くと
なぜか少しずつ違うのですが、
総括すると
ティースプーン一杯分
なのだそうです。

一生で一杯です。

私は少ないように感じましたが、
あなたはどう感じたでしょうか。

エストロゲンは
女性らしくするホルモンなので

肌をツヤツヤにしたり
身体に丸みを持たせたり
筋肉を柔らかくしたりなど

「女性を魅力的にする」
作用があります。

これもまた、
身体でうまく働いてもらいたいと
思いませんか。

 

【見えないからor見えないけど】

 

 

これまで話したものの他にも
ホルモンには様々な種類があり、
私たちの中で一生懸命に
働いてくれています。

けれど、なんせ見えないものだから
「ちゃんと働けるようにしよう」
なんて、なかなか思えないんですよね。

ただ、毎日出る量が少ないと言えども
そのホルモンによって私たちの体調は
大きく左右されるんです。

ホルモンが正常に働くことで
私たちの身体は健やかな状態に
保たれるんですよね。

ならば、見えないけれど
大きな力のあるホルモンのために
生活を見直してみては
いかがでしょうか。

何かしら体調不良や不定愁訴がある方は
もちろんのこと、
今はとても元気という方も、

年齢によって
ホルモンの分泌量は変わるので、
意識することにやりすぎということは
ありません。

 

【ホルモンを正常に働かせるには】

 

 

 

ホルモンを分泌するには
自律神経がうまく機能していることが
大事です。

自律神経は、

▪️交感神経(緊張、活動を司る)
▪️副交感神経(リラックス、休息を司る)

の2つで成り立っていて、
バランスよく働くことが
健やかさのコツです。

とっても当たり前なことなのですが、

▪️適度な時間の、質の良い睡眠
▪️バランスの良い食生活
▪️適度な運動
▪️ストレスを溜めないこと

が大切です。

でも、
もう少し手軽に整えられないかと言うと。

ひとつだけ、あります。

「呼吸を整えること」
です。

なぜなら

▪️吸う息は「交感神経」を優位にします

▪️吐く息は「副交感神経」を優位にします

だからこそ、呼吸を整えることは
自律神経を整えることになるんです。

1、仕事や勉強を頑張ったときには、
吐く息を長くしてリラックスする。

2、朝、ぼーっとするときには
たっぷり吸ってリフレッシュする。

3、運動前、運動後には
吸う息も吐く息も均等にして
バランスを整える。

ということが出来ます。

自律神経が正常に働くと
必要な時に必要な量だけ、
ホルモンを分泌してくれます。

体調を維持したり、
整えてくれるんです。

見えない存在ではありますが、
私たちの身体に
大いなる影響を与えるホルモン。

その働きを良くするために、
まずは呼吸を整えてみては
いかがでしょうか。

様々な呼吸法を知りたいという方は
アウェアフルヨガプライベートで
お伝えします。

関連記事

  1. 心への処方箋

  2. 「やりたいのにやれない」現状から、やってみるに変えるために

  3. 自粛して不安な時こそ、こう過ごす

  4. 価値観はそれぞれ違うもの

  5. 人の言うことを聞きすぎちゃう人、他人に言うことを聞かせたい人…

  6. 生き方を後悔せず充実させていくために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP