Blogブログ

日本人に1番馴染み深いアロマと言えば?

アロマに詳しくない人でも、これだけは聞いたことがあるのではないでしょうか。

それは
ラベンダー。

ラベンダーはさまざまな効能がありますが、どんなものがあるのでしょうか。

文字では香りをお届けできませんが、きっとどこかしらで嗅いだことはあると思います。

いっときは、トイレの消臭に使われていたことが多く
「トイレのイメージだからあまり好きではない」
なんて方もいるようです。

こらはちょっともったいない例だなとは思いますが、実はラベンダーと一言で言っても、産地で香りが違ったりします。

苦手に思う方も、産地を変えてみれば
「これは好き」に出会えるかもしれません。

さて、その効能ですが。

実は万能なんです。
150種類以上あると言われています。

特に、冷やし、緊張をほぐす作用。

冷やす効果は炎症や傷みを抑えます。

やけどに効果が高いことは、アロマを学ぶと有名な話です。

また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなどを緩和します。

寝られないときに、よく眠れるように焚くことはオススメです。

更に、抗感染作用も優れていて、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症に効果的です。

「アロマを始めるにあたって、何から始めればいいか?」
と聞かれたら、ベタではありますがやはりラベンダーがオススメです。

とくに、現代人はリラックスすることが必要ですし。

様々な産地を嗅ぎ比べて、合うラベンダーで癒されてみてはいかがでしょう。

アロマライフを楽しんでくださいね。

関連記事