ブログ

  1. 首、肩に乗っかっていたものが、幼少期の私と出会ったことで解放された

    【首、肩まわりのコリ】ここしばらく、なぜか首や肩が固まっていました。スマホしてるからかなぁ。筋力落ちてきたかなぁ。と色々原因を探しますが、ほぐしたり動いたり筋トレしたり手はつくすものの、一時的な効果しか感じられませんでした。

  2. 大変な目に遭って良かったなと思う訳

    【季節の変わりゆく過程】春が近づいてきていますね。今日も雨が降ったりやんだりと安定しない天候です。気温も上がったり下がったりはっきりしません。でも季節の変わり目には起こりやすいことです。

  3. 自分嫌いだったのに、「今の自分でよかった」と変わった方法

    【こんな自分ではダメだ】自分のことは好きですか。認められていますか。あなたはどういう人ですか。あなたらしさとはどういうことを指しますか。私は昔、自分を嫌いでした。

  4. 花粉症はこの3つで乗り切りましょう

    【花粉症】花粉が舞い始めましたね。花粉症をお持ちの方にはキツい季節に入りました。そう言う私も花粉症です…。20代前半から始まりまして、それこそ20年近くの付き合いになっています。

  5. 嫌いな人と関わるために、まずすること

    【自分と違う人を認められるか】身近に、理解出来ない人はいますか。例えば◆じっとする場面でやたら動く人◆はしゃぐ場面で表情の固い人◆今そんなこと言う?ということを言う人世の中にはいろんな人がいますよね。温かい目で見られますか。

  6. 何か変えたいと思うなら、今までどおりのところにいても変わらない

    【みんながやるからやる】何か物事を進めようとするときに日本人が好きなのは「前例があるのかどうか」だそうです。誰かが、もしくはみんながやっているのか、そして成功しているのか。

  7. 自分本意の場合と、人に気を使い過ぎる場合にどうなるのか

    【人間関係がうまくいかない】とっても気を使っているのに。 どうも、いつも人と意見がぶつかっちゃう。 人が離れていく。 恐がられる。 逆に、 怒られてばかりいる。 なぜかイライラされる。 なんてことはありませんか。

  8. 命を断つ決断をしたときに浮かんだこと

    【映画の中の子たちは私だった】「十二人の死にたい子供たち」という映画を観てきました。恐い内容ではなく、考えさせられる映画でした。観ているうちに自分と重なることが多々ありました。私は小さいころから「いつ消えてもいい」と思うような子でした。

  9. 私が「娘」という重荷を外せた方法

    【抱えている重荷を下ろせない】日常を過ごしていると様々なことが起こります。中には心に重荷となることも起こることがあります。すぐ下ろすことが出来れば問題ないのですが、いつまで経っても重荷として抱えざるを得ないこともあります。

  10. 自分の抱えている問題をどうにかしたい人へ

    【あなたがサービスを受けたいと思うとき】サービスというのは、◆問題の解決◆現状維持させること◆よりよくなるためというのが大筋だよね、と知人と話しました。あなたが今求めるものは、どれでしょうか。

ページ上部へ戻る