腰を痛めないウシュトラアーサナの作り方

先日は腰を守りながらのダヌールアーサナでしたが、今回はウシュトラアーサナです。

らくだのポーズと言われていますが、胸を開くアーサナなので、やはり首と腰を守りながらおこないたいです。

ダヌールアーサナにも似ているので、準備ポーズとして入れてあります。

もうひとつ、このポーズも準備にいいですよ、というものも入れています。

腰を痛めないためにキーとなるのは、背骨のうちの真ん中のセクション、胸椎と呼ばれる部分です。

どうしたら使えるようになるか、見てみてくださいね。

効能としては
・体幹強化
・胸を開くので呼吸しやすくなる
・姿勢改善
・肩こり予防、改善
・腰痛予防、改善
・自信をつける
などです。

https://youtu.be/8priJXVIZQY

関連記事

  1. 夢をコントロール出来る人から学んだヨガ哲学

  2. もう少しでぎっくり腰になりそうという方のためのヨガ

  3. 焦ると家具に足の小指をぶつける人へ 

  4. オンラインヨガスケジュール

  5. 心と体に溜まった不要なものを流すヨガ(基礎編)

  6. 私たちが生きているのは常に「今この瞬間」 カードリーディング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP