Blogブログ

令和の英訳は何でしょう

【新しい年号】

5月1日から新しい年号が始まりました。

「令和」

と発表されたとき、

皆さんはどう感じましたか。

前の「平成」になったとき、

私はまだ子どもだったので

なんとも感じませんでしたが、

「令和」と聞いたときは

初め、何となく冷たい印象を受けました。

私の認識では、

「令」は”命令”くらいしか

思い浮かばなかったからです。

【美しい調和】

しかし、英訳を聞いたときに

印象がガラリと変わりました。

初め、アメリカやイギリス各紙は

「order and peace」や

「decree and harmony」

と訳していたようです。

しかし、日本政府が正式に発表した英訳は

「Beautiful harmony」

でした。

「美しい調和」ということですね。

万葉集からの引用ということで、

もともと「令」には

「美しい」という意味があったそうです。

英訳と万葉集からの意味を知ったとき、

私は「なんと美しい言葉なんだろう」

と考えが変わりました。

【周りと調和する】

新しい時代に入ることになり、

コンピューターや人工知能が

さらに発展していく時代になります。

だからこそ、

「人」である私たちが

周りの人たちと調和することが

大切なんですね。

日々をそれぞれが楽しむこと、

そして周りの人たちと

楽しみを分け合うこと。

苦手なところがあるときには、

得意な人を見本に希望を持つこと。

得意なことがあるときには、

苦手な人たちの見本になれるくらい

洗練していくこと。

お互いに補っていくこと。

そういう世の中になれれば

平成天皇が最後に述べられた

「人々の安寧」

に繋がるんですよね。

グループでのヨガレッスンでは

お互いの長所を活かし、

エネルギーを与え合うことで

調和するようにしています。

Beautiful harmony になれるように

素敵なエネルギーの循環を

作りませんか。

関連記事